不動産買取と不動産売却仲介

TOPページ
不動産買取と仲介の違い
不動産買取と仲介の流れ
不動産買取のよくある質問
売却仲介のよくある質問
不動産買取と仲介のご相談
会社概要
個人情報取扱




全国の不動産売却相談

北海道の不動産売却相談
青森県の不動産売却相談
岩手県の不動産売却相談
秋田県の不動産売却相談
宮城県の不動産売却相談
山形県の不動産売却相談
福島県の不動産売却相談
東京都の不動産売却相談
神奈川県の不動産売却相談
埼玉県の不動産売却相談
千葉県の不動産売却相談
茨城県の不動産売却相談
栃木県の不動産売却相談
群馬県の不動産売却相談
山梨県の不動産売却相談
新潟県の不動産売却相談
長野県の不動産売却相談
富山県の不動産売却相談
石川県の不動産売却相談
福井県の不動産売却相談
愛知県の不動産売却相談
岐阜県の不動産売却相談
静岡県の不動産売却相談
三重県の不動産売却相談
大阪府の不動産売却相談
兵庫県の不動産売却相談
滋賀県の不動産売却相談
奈良県の不動産売却相談
和歌山県の不動産売却相談
鳥取県の不動産売却相談
島根県の不動産売却相談
岡山県の不動産売却相談
広島県の不動産売却相談
山口県の不動産売却相談
徳島県の不動産売却相談
香川県の不動産売却相談
愛媛県の不動産売却相談
高知県の不動産売却相談
福岡県の不動産売却相談
佐賀県の不動産売却相談
長崎県の不動産売却相談
熊本県の不動産売却相談
大分県の不動産売却相談
宮崎県の不動産売却相談
鹿児島県の不動産売却相談
沖縄県の不動産売却相談
その他の不動産売却相談

全国の不動産売却相談サイトをご紹介しております
 

不動産買取と不動産売却仲介

不動産買取はスピード重視

急いで不動産を現金化したい場合は【買取】をおすすめします。
→→→不動産買取の詳細はこちら

不動産売却仲介は価格重視

時間がかかってもより高く売却したい場合は、【仲介】をおすすめします。
→→→不動産売却仲介の詳細はこちら

こんな売却も可能です

・居住したままの自宅売却
・賃貸中の貸家の売却
・住宅ローンの支払中の自宅の売却
・抵当権のついている物件の売却
・古家のある土地


不動産買取と不動産売却仲介のよくある疑問、質問

不動産を早く売るにはどうすればいいの?

不動産を期限内に速く売りたいという場合には【不動産買取】がいいでしょう。プロが査定し、買い取り可能な価格を提示しますので、結論も早く出ます。
仲介で一般の買主との売買契約では往々にして《住宅ローン条項》がつくことが多く、決済までの時間がかかったり、住宅ローンの適応が受けられずに白紙撤回になることもあります。

不動産を高く売るにはどうすればいいの?

「急いで売らなくてもいい」、「なるべく高く売りたい」という場合は信頼できる不動産会社に仲介を依頼して、購入希望者が現れるのを待ちましょう。

住宅ローンの支払い中ですが売ることは可能ですか?

はい、住宅ローンの残債があっても売ることは可能です。売買契約を締結し、代金決済時に住宅ローンの抵当権を解除して売り渡すことになります。

住宅ローンの残債より売却金額が低い場合はどうなりますか?

住宅ローンの残債より売却金額が低い場合は、足りない分の金額を補てんして抵当権を解除してから売り渡すことになります。

不動産を売ったらどういう税金がかかるのですか?

不動産を取得した時の金額と売却した時の金額の差額に対して譲渡税がかかることになります。(買った金額より低く売る場合はかかりません。
売った年の1月1日における所有期間により変わります。
・所有期間が5年以下: 短期譲渡
・所有期間が5年以上: 長期譲渡

不動産を売る時の諸費用について教えてください。

不動産を売る契約が成立したとき時には、成功報酬として売買金額から消費税を引いた金額の3%+60,000円(消費税別途)がかかります。

「売り看板」を立てずに売ることはできますか?

はい、できます。お客様によっては、看板をつけるのを好まれないお客様もいらっしゃいます。当社では、お客様のご要望にこたえるよう活動をしております。

居住中でも売却はできますか?

はい、可能です。なるべく購入希望者が現れたときには、いつでも内部をお見せできるような状態に保っておくといいでしょう。

築後30年の古家のある土地を売りたいのですが、リフォームした方が高く売れますか?

リフォームした方がいいかどうかは、物件の状態によっても変わりますが、リフォームすると必ずしも物件価格が上がるとは限りません。
売却になれた不動産会社とよく相談して、対処法を決めましょう。

精神的瑕疵について教えてください。

不動産にはさまざまな故障がある場合があります。甘漏れや、壁の穴、などもそうですが、そういった故障、不具合を不動産取引では【瑕疵】(かし)という言葉で呼びます。瑕疵には目に見える物質的な【瑕疵】のほかに、目に見えない【瑕疵】もあります。たとえば、ある建物の中で殺人事件があったとか、自殺があったら、購入する人はいい気持ちではありませんね。こうした目に見えない不具合を【精神的瑕疵】と呼びます。
売主は買主に対し、こうした不具合を告げなければなりません。こうした不具合を知っていながら隠して売ると、後々大きなトラブルにつながりかねませんのでご注意ください。

売買契約が白紙撤回になることってあるんですか?

住宅を売却する場合に、購入希望者が住宅ローンを利用して購入したいとします。物件価格が2000万円に対し、購入希望者は300万円の手持ち資金を持っていて、残りの資金は住宅ローンで借入したい、という場合は、【ローン特約】をつけて契約をします。
【ローン特約】の意味は購入者が真剣に住宅ローンの申し込みをしたのにも関わらず、何らかの事情で住宅ローンの適応が受けられない場合は白紙撤回になる、という条項です。

links

 

さまざまな不動産売却の例

遊休不動産の売却

使っていない老朽化した建物付きの不動産の管理に悩んでいたKさん。
固定資産税の支払いや建物の地震による崩壊などの心配で悩んでいらっしゃいました。
当社の売却仲介で満足のできる売却ができました。

ご自宅の売却

転勤で済まなくなった自宅の住宅ローンの支払いで悩んでいたSさん。
当社の売却仲介で売却できました。
売却代金で住宅ローンの残債を支払、差額の現金もてにすることができました。

相続する不動産の売却

相続後の遺産分割と相続税の件で悩んでいたFさんご兄弟。
不動産を売却して代金を分配することで皆様ご納得の決着を見ることができました。

不動産任意売却

多重債務に悩んでいたXさん。担保に入っている不動産を競売にかけらそうで、悩んでいらっしゃいました。当社にて、弁護士事務所をご紹介し、債務整理をするとともに、任意売却で不動産も売却でき、悩みが解消できました。(当社では不動産売却に係る件での弁護士事務所のご紹介も無料でいたしております)

仙台の不動産サイト

仙台市不動産情報
仙台市不動産売却相談
仙台市マンション情報
新築購入おトク情報クラブ
不動産Q&A
不動産情報サイトポータル
仙台市地域情報